落語娘

昨日本屋をうろうろし過ぎたせいか、足がだるい。

永田俊也『落語娘』。表題作の「落語娘」とオール讀物新人賞受賞作の「ええから加減」の二作を収録したもの。どちらの作中にも落語 (漫才) が出てくるのだけど、これが出来合いのものではなくて、著者の創作なのがまず素晴らしい。しかも驚くべき出来の良さ。芸達者な人はいるもんだ。

落語娘