最後の息子

同性愛者のオカマバーのママ閻魔ちゃんと同棲するぼく。ただ、かつてぼくには女性の恋人もいたりしてゲイともノンケとも判じがたい。そうしたぼくが閻魔ちゃんと・・・という話。初読のつもりで読み始めたものの、3分の1ほど進んだあたりで、あら読んだかもと気付く。毎日が新鮮でありがたいことです。

最後の息子 (文春文庫)