探偵はバーにいる

東直己『探偵はバーにいる』。均一セールで購入、ありがたや。デビュー作で「俺」シリーズの一作目。ススキノで探偵というかなんでも屋を生業とする「俺」。そんな「俺」に北大の後輩から、失踪した彼女を探して欲しいと依頼が入る。軽妙なハードボイルドで、なるほど酒を飲まなかったら人生損することになるんだなあと思わせてくれる、そんな本。

探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)