闇のなかの赤い馬

授業二つ。後期の初回なのでご機嫌を窺いつつ授業。

竹本健治『闇のなかの赤い馬』。『ウロボロスの基礎論』で挫折した苦い思い出があるので、ちょっと敬遠してました。ミッション系の学園で神父が落雷により絶命。相次いで、別の神父がサンルームで焼死体で発見される。それと前後するように、「タマキ」は血のしたたる赤馬の悪夢に夜毎苛まれる。美少年やら×××やら、大盤振る舞いの読者サービス付き。

闇のなかの赤い馬