三人噺

美濃部美津子『三人噺』。長女が振り返る志ん生一家。戦時中はどこも似たような暮らしぶりだったんだろうけど、ほんとまんま貧乏噺。とはいえ、恨みつらみを述べ立てるんじゃなくて、その語り方はどこまでも親兄弟への愛情に満ちている。こういうのに弱いので、このへんで。

三人噺―志ん生・馬生・志ん朝