新宝島

うだうだ書き物。

江戸川乱歩新宝島』。ロビンソネイドの作法に則った翻案物。タイトルからしてスティーヴンソンの翻案かと思って読んだのだけど、どうも違う。中盤以降の展開は、むしろハガードの『二人の女王』に近い、というか酷似している (湖から地下洞窟、途中の火柱、洞窟でのこだま等々)。まあ、どなたかが指摘しているんでしょうが。

江戸川乱歩全集 第14巻 新宝島 (光文社文庫)