れんげ野原のまんなかで

野犬がうろうろしているせいで、猫が気になる。

森谷明子『れんげ野原のまんなかで』。図書館が舞台の連作短編ミステリー。教育的配慮が行き届いている良書。第二話「冬至―銀杏黄葉」で言及されている、「ぬ」で始まる伝説的奇書を書いた人ってのは沼さんでいいんでしょうか。

れんげ野原のまんなかで (ミステリ・フロンティア)